My thoughts アルバイト

大学生でバイトする必要ない?本当にすべきでないのかを解説

 

こんにちは、ユウスケです。
ユウスケ

 

読者さん
アルバイトは時間の無駄なのか

・アルバイト以外でお金を稼いだ方がいいのか

・アルバイトで得られることはそんなにないのか

 

こんな悩みを解決する記事です。

 

実は、アルバイトは賛否両論あります。

なぜなら、アルバイト以外でお金を稼ぐことが増えてきたからです。

 

ですが私は、バイトをしてよかったと思います。

なぜなら、従業員やお客様と関わることで社会経験を積めたからです。

 

この記事を読んで解決すること

・バイトをするメリット・デメリットとは何か

・アルバイトの選び方

・私が行ったバイトとは?なぜ選んだか

 

結論は、アルバイトをするしないは人それぞれです

興味をもったものがあれば、何事にも挑戦すべきです。

 

それでは本題に入りましょう。

 

 

バイトのメリットとは?

 

結論、社会経験を積めたことです。

社会に出たことのない学生が社会人とコミュニケーションを取ることで経験を積むことができます。

 

私がバイトを経験して中で、特に得られたものを3つ説明します。

  1. コミュニケーション能力がつく
  2. 金銭感覚が整う・管理能力がつく
  3. その職種の知識がつく

 

この3つを詳しく説明していきます。

 

 

①コミュニケーション能力がつく

 

社会に出て、まず必要になるのが「コミュニケーション能力」だと私は考えています。

 

特に目上の人との対人です。今までは、先生や親、身近にいる人ばかりでしたよね?

社会に出ると、老若男女問わず、コミュニケーションを取ることが増えてきます。

 

読者さん

接客業に就き、お客様に対しての礼儀や言葉遣いなどの作法を学ぶことができますね。

 

私も接し方が変わったと周りの人に言われることが多くなりました。
ユウスケ

 

社会に出る前に、様々な人と触れ合う場として積極的に会話していきましょう!

 

②金銭感覚が整う・管理能力がつく

 

今までは、親が働いたお金をもらって、好きなものを買っていたと思います。

 

しかし、アルバイトをしてどれだけ働いて稼ぐのが大変か身に染みて感じると思います。

そこで、自分で稼いだお金でやりくりすると自然と管理能力もつき、無駄遣いが減ると思います。

 

お小遣いとは比べ物にならないぐらい給料が入ると嬉しいですよ
ユウスケ

 

自分のお金でご褒美を自分に与えたり、

親にプレゼントをするのも達成感が感じられ、またやる気にさせてくれます。

(私は、親に花をプレゼントしています。)

 

読者さん
自分で稼いだお金で親にプレゼントすると喜んでもらえそう!

 

③その職種の知識がつく

 

アルバイトを始めると、まず研修があったり、先輩などに接客や企業について教えていただきます。

 

「お客様に気持ち良く帰っていただく」おもてなしするためには、まず聞かれることを考察し、調べるところから始めるといいと思います。

メモ

EX.スタバ→コーヒーの種類や淹れ方など

 

自分の好きなことをバイトにすれば、知識を深まり、やる気も上がるため一石二鳥です。

 

他にもバイトをするメリットはいくつかあります。

  • 人脈が広がる、友人が増える
  • 社割・まかないがもらえるところが多い
  • 暇な時間が無くなる(一日が充実する)

 

バイトをするデメリットは?

 

読者さん
なぜバイトをしない方がいいという人がいると思いますか?

 

他にお金を稼ぐ方法はあるからです。バイトの欠点として考えられることは二つあります。
ユウスケ

 

 

  1. 時給が上がりにくい
  2. 一定時間拘束されてしまう

 

この2つを説明していきます。

 

①時給が上がらない

 

大体は最低賃金で、都市によって違います。また、早朝深夜になると手当がついたり、長く勤めていると多少なりとも上がることはあります。

しかし、時給1000円→3000円になるケースはほとんどなく、ほぼ横ばいです。

 

会社に勤める以外にお金を稼ぐ方法はいくつかあります。

  • 副業(ブログやWebライターなど)
  • 長期インターン

 

これらは、一概には言えませんが、企業に勤めていても活かせる能力を身に付けることができます。

特に長期インターンは、学生時代から企業に勤め、社会経験を積めます。

 

一定時間拘束される

 

バイトのほとんどは時給制です。(中には、歩合制もある)

そのため、一定時間働くことで給料が発生します。この単位時間は拘束され、自由がありません。

 

それに対して、副業は始めは稼ぐことができませんが、

上手くいけば、右肩上がりに収入は増え、自分のやりたいときに活動することができます。

 

つまり、時間に囚われずに生活できます。

 

これらが、私が考えるデメリットです。

近年副業をする人が増えてきたため、「アルバイトは必要ない」という人が増加していると思います。

 

アルバイトはどう選ぶべきか。

 

読者さん
アルバイトにもメリット・デメリットはあるんですね。

 

迷ったら、取り敢えずアルバイトも経験しておくといいですよ!
ユウスケ

 

やはり、生きるためにはお金は必要になります。

そのため、収入減がない場合は、手軽に始めることができる始められるアルバイトをお勧めします。

 

読者さん
どう選ぶのがいいんでしょうか

 

お勧めの選び方

 

私がアルバイトを選ぶ際に考えたことは、

  1. 自分の好きなジャンル・お店
  2. 今後どんな職種に就きたいか(身に付く能力で考える)
  3. 通いやすいところ(家・学校からの距離)
  4. シフトの融通・自由がある程度効くところ
  5. 時給の良さ
  6. 制服やおしゃれな店装などの憧れ

 

この優先順位で私は決めました。

もし相性が合わない、もう学ぶことがないと思えば乗り換えていいと思います。

私は、5つ以上経験しました。

 

[初公開]私が実際にどんなバイトを行ったのか

 

私が行ったアルバイトは

・農業センターのイベントスタッフ

・派遣・単発バイト

・江戸前寿司屋

・実験や実習のサポートアシスタント

・イルミネーションのスタッフ

など様々なことをしてきました。

 

学ぶことがなくなった場合はすぐに乗り換えてました。
ユウスケ

 

特に長く続いたのは江戸前寿司屋でした。

選んだ理由は「魚が捌けるようになりたい」ただそれだけです。

 

理由はなんでもいいと思います。

とにかく、やりたいと思ったことは挑戦するべきだと私は思います。

 

まとめ

 

この本記事では、

・アルバイトのメリットとデメリット

・アルバイトはどう選ぶのがいいのか

・私が実際行ったアルバイトについて

について説明しました。

 

結論、アルバイトは賛否両論ありますが、アルバイトでしか経験できないこともあると思います。

なぜなら、人との関わりやその場での実践は今でも忘れられなく残っているからです。

 

副業をしてもいいかなと考えている方は、

学生でも簡単に稼げる副業を紹介しているので覗いてみてください。

合わせて読みたい

[簡単]コロナの影響で大学生が在宅で始めたおすすめの副業

続きを見る

 

今思えば、アルバイトはして良かったと思っているので、「どうしようと悩んでいる方」はぜひ検討してみてください。

  • この記事を書いた人

ユウスケ。

学生ブロガー。
『引き算で丁寧な暮らしを実現』をコンセプトに生活・健康・副業をメインに発信。
[経歴]愛知県出身➡自粛をきっかけに情報発信を始める

-My thoughts, アルバイト